寂光 正二作
平成27度11月展示会出品作品です。
ほんのりとしたピンク色の蓮の花びらを光背に見立て、その端に宝珠をもったお地蔵様が立っています。
宝珠は願いを叶えると言われ、「寂光」も仏教用語で「真理の寂静とその智慧の働きとしての光照。真理・知恵の二徳を表す」との意味があります。
通信販売で購入可能です。